高岡由佳被告はホストの客であり、彼をナンバー1にするため、風俗やパパ活をして稼いだ金を貢いでいました

1:2019/12/04(水) 17:40:12.30ID:3Fe9WMQV0
今回の裁判は、被害男性が500万円で示談に応じ、寛大な処分を求める嘆願書を提出していることから、注目されるのは量刑です。高岡由佳被告はホストの客であり、
彼をナンバー1にするため、風俗やパパ活をして稼いだ金を貢いでいました。裁判員たちに対し、“被告はホストに騙された不幸な女性”
だとアピールするような発言がありました」(司法担当記者)

高岡被告は2歳で日本に帰化した中国生まれのひとりっ子

 高岡被告は中国で生まれ育ったひとりっ子だ。2歳で日本に帰化し、都内の小中学校に進んだ。私立高校へ進学し、大学では保育を学んだものの中退。
塾の受付をした後、塾の経営者が経営するガールズバー
「ときめきBinBim」(現在は閉店)の店長として2019年4月まで働いていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191203-00016720-bunshun-soci
https://brandnew-s.com/wp-content/uploads/2019/05/D7R7AnhUwAA-fsX.jpg

ライヴインフォ1
staffをフォローする
クイックインフォクラブ
タイトルとURLをコピーしました