肺がんや縦隔腫瘍に対するロボット手術の紹介(産業医科大学呼吸器外科)

肺がんや縦隔腫瘍に対するロボット手術の紹介(産業医科大学呼吸器外科)

肺がんや縦隔腫瘍(重症筋無力症を含む)に対する内視鏡下のロボット支援手術について紹介します。産業医科大学病院は北九州市唯一の特定機能病院として高度な医療を提供していますが、肺がんや縦隔腫瘍などの呼吸器腫瘍の外科治療は呼吸器・胸部外科(第2外科)が担当しています。従来は開胸手術が中心でしたが、最近では体への負担の少ない内視鏡手術(胸腔鏡手術)が中心になっています。このような内視鏡手術を手術用ロボットが支援することにより、より安全により精密な手術が可能になりつつあります。このビデオでは、ロボット手術を中心に、呼吸器腫瘍の手術について紹介します。

タイトルとURLをコピーしました