キングカズ三浦知良「情熱を伝えられたら」新天地・三重で会見 サポーター「ゴールしてカズダンス踊って」 (22/01/31 15:37)

キングカズ三浦知良「情熱を伝えられたら」新天地・三重で会見 サポーター「ゴールしてカズダンス踊って」 (22/01/31 15:37)

31日、横浜FCから「鈴鹿ポイントゲッターズ」に期限付き移籍した「キングカズ」こと三浦知良選手が初練習に臨みました。入団会見では、新たな舞台に鈴鹿を選んだ理由について触れ、また「新チームで自分がどうありたいか」についても語りました。

「心臓がドキドキします」(サポーター)
「テンション上がりまくりです」(サポーター)

 その姿を一目見ようと集まったサポーター。ついに、サッカー界の生きる伝説「キングカズ」こと三浦知良選手が、チーム初練習に臨みました。

 現在、54歳の三浦選手。倍以上年の離れた選手たちと共に汗を流し、年齢を感じさせない軽快な動きを見せていました。

 「キングカズ」と言えば、Jリーグ創成期にサッカー界を華麗に彩った、まさにスター選手。その輝きは衰えることなく、2017年には世界最年長ゴールのギネス世界記録を塗り替えるなど、次々と金字塔を打ち立ててきました。

入団会見で語った新天地での目標 「J3昇格の権利を取りにいく1年になる」 

 そんなレジェンドが次なる舞台に選んだのは、J1リーグから3つ下のカテゴリーに当たる「JFL」。三重県鈴鹿市を本拠地とする「鈴鹿ポイントゲッターズ」でした。

Q.鈴鹿を選んだ理由は?
「JFLからJ3に昇格できるチャンスがあるということ。そして、昨シーズン、僕も何試合か見させていただいたんですけれども、とても良いサッカーをやっていて、僕自身にもその中に入ってやるイメージを持てたこと」(三浦知良選手 31日の入団会見)

「J3昇格、このJFLでその権利を取るという1年になると思うんですけど、本当に大変な仕事だと自分でも思っていますし、でもやりがいも大きいですし、皆で目的・目標に向かって戦えるこの状況を本当に幸せだと思いますし、自分の中で新たな気持ちで戦えるこの緊張感を非常に楽しみにしています」(三浦知良選手)

「本当に54歳?」「ゴールしてカズダンス踊ってほしい」驚きと期待のサポーター

 三浦選手の初練習を見ようと集まったサポーターは約120人。キングカズの活躍に大きな期待を寄せています。

「『本当に54歳ですか?』と確認したくなる。期待しかないですね」(男性サポーター)
「歳が全く同じで、同じ青春時代を、若かりし頃からずっと見てきましたけど、本当に軽やかに動かれてて、活躍を期待したいです」(女性サポーター)
「もう本当、かっこ良過ぎました。試合見に行こうと思いました」(女性サポーター)
「(見たいのは)ゴールですね。カズのゴールでカズダンスを踊ってほしいです」(女性サポーター)
「カズさんの力で(チームに)注目してもらいですね」(男性サポーター)

 54歳となった今なお、あくなき挑戦を続ける三浦選手。この先、目指すものとは?

「サッカーに対して向き合ってきた、その気持ちというものはこれからも変わらないと思いますし、特に新しく自分を変えて何かをやるっていうよりも、やはり、いままでやってきたその情熱というものを、またこの鈴鹿という新しい場所でさらに自分を燃え上がらせてできたらいいなと思っています。もちろん試合に勝つこともそうですけど、自分の情熱を皆さんに伝えられたら思っています」(三浦知良選手)

(1月31日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)

タイトルとURLをコピーしました