肺動脈性肺高血圧症と新生児遷延性肺高血圧症。・・・・・と・・・・は肺高血圧症を引き起こす能力を持っています。

肺動脈性肺高血圧症と新生児遷延性肺高血圧症。・・・・・と・・・・は肺高血圧症を引き起こす能力を持っています。

動画の説明。肺高血圧症、肺動脈性肺高血圧症、新生児遷延性肺高血圧症の原因について詳しく解説しています。

肺高血圧(はいこうけつあつ、Pulmonary Hypertension, PH)は、何らかの原因により慢性的に肺動脈圧が上昇する病態の総称で難治性の循環器疾患・呼吸器疾患の1つである。肺動脈性肺高血圧症(pulmonary arterial hypertension, PAH)についても本項で扱う。

  肺高血圧症とは,右心カテーテル検査で測定した安静時の平均肺動脈圧が ≥ 25mmHg,および肺動脈楔入圧(肺毛細血管楔入圧)が正常(≤ 15mmHg)であることと定義される。

総称名サノレックス一般名マジンドール欧文一般名Mazindol製剤名マジンドール錠薬効分類名食欲抑制剤 重大な副作用(頻度不明)依存性本剤の主要な薬理学的特性はアンフェタミン類と類似しており、サルでの静脈内薬物自己摂取試験においては摂取頻度の増加がみられ、精神依存の形成が認められている。イヌでの22ヵ月間経口投与による慢性毒性試験においては幻覚様異常行動がみられている。この点に関し、ヒトにおける長期投与による依存性・精神症状の発現は明確ではないが、本剤を投与する際は、依存性について留意すること。(アンフェタミンをはじめとする中枢興奮剤は耐性及び精神依存を形成することが知られている。)肺高血圧症本剤投与中に肺高血圧症があらわれたとの報告があるので観察を十分に行い、労作性呼吸困難、胸痛、失神等の症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。その他の副作用

チャンネル登録お願いします。チャンネル登録はコチラ。

SHINZOU Channel
食品・医療・環境問題Curatorで評論家の横田深蔵です。食品・医療・環境の観点から、どうすれば病気を治せるのかではなく、どうやれば、病気を減らせるのかを、徹底的に情報収集、分析、考察し、答えを導き出していきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました