広瀬アリス主演ドラマ『失恋めし』本編映像【Amazon Prime Video】【2022年1月14日配信】

広瀬アリス主演ドラマ『失恋めし』本編映像【Amazon Prime Video】【2022年1月14日配信】

木丸みさきのコミックエッセイ「失恋めし」(KADOKAWA)原案、読売テレビ制作、広瀬アリス主演ドラマ『失恋めし』より、第1話の冒頭で、広瀬演じるイラストレーター・キミマルミキが自身の漫画の編集を行っているSTO企画という出版社を訪れるシーンの本編映像が解禁となった。

 ミキは、地元紙に“失恋めし”というマンガ連載を持ち、日々連載のネタとなる失恋エピソードを探しているイラストレーター。失恋で心を傷めた失恋人たちが、ミキとともにおいしいめしを味わううちに傷ついた心がいつしか癒され前向きな気持ちになっていく、全10話。

 解禁されたこの本編映像は、小さなビルの一室に社を構えるSTO企画の個性豊かな“佐藤さん”たちをゆる〜く紹介するものでもある。

 部屋に入るとすぐに「2号さんっています?」と、安藤ニコ演じる佐藤光子、通称“3号さん”に話しかけるミキ。そんなミキを軽くあしらう3号さんに、負けじとミキは「近々、失恋のご予定とかあります?」とたたみかける。

 この2人の冒頭のやりとりは、“大九明子監督ワールド”を感じさせるもの。続いてミキの背後にそっと現れるのは、臼田あさ美演じる佐藤双葉、通称“2号さん”。『美人が婚活してみたら』、『私をくいとめて』と大九監督とタッグを重ねてきた臼田が演じる、陽気でちょっと不思議な“2号さん”の魅力が伝わるシーンでもある。

 さらに、トイレから現れる村杉蝉之介演じる佐藤元、通称“1号さん”。大九監督も出演を熱望していた村杉が見せる、思わず吹き出しそうになるシーンも見どころだ。

 このSTO企画は「みんなが勤めたいなと思うような、ゆる〜い自由度の高い会社にしようと思った」という大九監督。STO企画は、物語のどんなスパイスとなっているのか? そして、ミキは無事に“失恋”を見つけることできるのか?

 本作は、Amazon Prime Videoにて2022年1月14日(金)から全10話一挙独占配信をスタート。2022年7月には読売テレビにて地上波放送が予定されている。

タイトルとURLをコピーしました