ミニチュアダックスシニア犬 慢性腎臓病 早期発見なら点滴以外にもできることがあります

ミニチュアダックスシニア犬 慢性腎臓病 早期発見なら点滴以外にもできることがあります

愛犬が慢性腎臓病と診断され、余命宣告を受けましたが、療養食に変更する以外にできることがない事にとても違和感を感じました。

言い方が、悪いけれど進行する病気だし、あとはその時を待つだけって言われてるような気がして
色んなことを調べました。

余命宣告期間を過ぎて腎臓自体は、あまり悪くなっておらずステージ1の状態を保っています。

ほとんどの慢性腎臓病のわんちゃんは、症状がひどい状態で病院へ来て短いと1週間で亡くなってしまう子もいて、平均診断から長くて半年くらいの生存率と医師から聞きました。

それだけ進行してから受診されるケースが多いと言うことで、私のようなケースは、稀だと言われています。

何かしてるのか?と聞かれましたが、サプリの事は話していません。
(プライドが高い獣医師なので文句言われると思います)

でも、結局は、飼い主しか判断できないこともあるので獣医師が、療養食以外に今は、何も出来ることがないと言うなら自分でできることを見つけて納得できたら実行するしかないと思っています。

何より、慢性腎臓病はとても怖く、見つけにくいものだけれど、進行にブレーキをかけることもできることを知っていただきたいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました