大腸がんの原因は歯周病菌?恐怖の細菌フソバクテリウム・ヌクレアタム

大腸がんの原因は歯周病菌?恐怖の細菌フソバクテリウム・ヌクレアタム

大腸がんの原因のひとつとして、細菌であるフソバクテリウム・ヌクレアタムが関与していることが明らかとなっています。この細菌は、大腸がん患者の口の中からも発見されています。また、フソバクテリウムが多い大腸がん患者は再発しやすく、生存期間が短いこともわかっています。さらに、フソバクテリウムは抗がん剤が効きにくくなる原因ともなっています。

大腸がんの予防や治療のサポートとしてできることを解説します。

【関連ブログ】
・大腸がんの抗がん剤耐性と再発の新たな原因を発見!恐怖の細菌フソバクテリウムとは? https://satonorihiro.xyz/post-4124/

・大腸がんの原因は口の中にいる歯周病菌(フソバクテリウム)? https://satonorihiro.xyz/post-6433/

・がん治療は腸内細菌(腸内環境)で決まる?善玉菌サプリメントのすすめ https://satonorihiro.xyz/post-5985/

#大腸がん #腸内細菌 #プロバイオティクス

『がん情報チャンネル』では、がんの予防・診断・治療についての情報や最新の話題をお伝えしていきます。

がんの情報はブログやツイッターでも発信中
【ブログ】 https://satonorihiro.xyz/
【ツイッター】 https://twitter.com/norip1sato

タイトルとURLをコピーしました