地震による津波を想定 JR東海が避難誘導訓練(静岡県)

地震による津波を想定 JR東海が避難誘導訓練(静岡県)

地震による津波の発生を想定し、JR東海は11月24日、避難誘導訓練を実施し、乗客の避難方法などを確認しました。

 JR東海が毎年実施している避難誘導の訓練、今回は100人余りの社員が参加しました。訓練は通勤通学で混雑する時間帯に地震が発生し、津波が想定される区域で車両が停車したと想定して行われ、乗客の安全な避難方法などを確認しました。公共交通機関をめぐっては、車両内で傷害や放火未遂事件が発生していることから、災害以外の対策も課題となっています。
<JR東海 静岡支社 奥村 現さん>「世の中変わってきているので、警察とも協力した訓練も検討している。訓練にはゴールがないので、世の中の変化に追い付きながら、できる限りのことをしたい」
 JR東海は不審者などにも応じた訓練を実施したいとしています。

タイトルとURLをコピーしました