武漢肺炎が回復しても、後遺症が残る

武漢肺炎が回復しても、後遺症が残る

#武漢肺炎#新型コロナウイルス#後遺症
 武漢肺炎(新型コロナウイルス)は、世界中に広がり続けており、北京時間29日午前8時、米国のジョンズ・ホプキンス大学の最新の統計によると、1,666万人以上が診断され、66万人近くが死亡しました。「米国心臓病学会誌」は、武漢肺炎が患者の急性呼吸器合併症を、引き起こすだけでなく、患者の心臓を直接攻撃することも発見し、新たな研究結果を発表しました。死亡者の心臓にウイルス濃度が高いだけではなく、回復した患者の心臓にも炎症があることを発見しました。
 調査期間は、2020年2月27日から、2020年4月12日までです。ニューヨーク市の、マウントサイナイ・ヘルスシステムの、5つの病院の2736人の武漢肺炎患者に、調査を行い、最年少者は18歳、患者の47%は70歳以上、平均年齢は約66.4歳、そのうち59.6%は男性です。調査期間中、入院中に506人の患者が死亡し、1132人が回復して退院し、985人の患者が、トロポニン濃度が上昇したため、心臓の炎症を引き起こしました。
 ドイツの、フランクフルト大学の研究によると、武漢肺炎に罹患している患者の78%に心臓障害があることを、発見されたと報告しました。科学的検査の結果、武漢肺炎に罹患している患者は、心膜液の増加、浮腫、心臓の線維化、トロポニン濃度の増加などの傾向が見られました。
 また、イギリスでは、武漢肺炎に感染して、回復した20%の患者は、退院後一年以内、敗血症が現れることを発見しました。そのため、イギリス全国で約10万人が武漢肺炎に感染し、その中、2万人が敗血症の症状に、注意する必要があると推定されています。
 英国敗血症トラストの創設者であるロン・ダニエルズ博士は、武漢肺炎に感染した患者は、軽症か重症かにかかわらず、筋肉や関節痛、呼吸困難、皮膚の変色、または排尿できないなど、敗血症の症状に十分注意を払うべきであると述べました。
【翻訳編集】Visiontimesjp News
——————————————————————————————————————————————–
私たちへの応援をお願い致します💪🏻🔥🔥
◆✅チャンネル登録をお願い致します ↓(日本語)
http://www.youtube.com/c/看中國-日本-VISIONTIMESJP
〜関連チャンネル、サイト〜
看中国【米国】チャンネル(中国語)
https://www.youtube.com/channel/UC2mLqX_IavAs3TPK3GNlzAw
看中国【香港】チャンネル(中国語)
https://www.youtube.com/user/kzglife/…

◆サイト(日本語・中国語・英語)
http://www.visiontimesjp.com
https://www.secretchina.com
https://www.visiontimes.com
——————————————————————————————————————————————-

タイトルとURLをコピーしました