糖尿病と朝食 (薬剤性低血糖症の危険性)

糖尿病と朝食 (薬剤性低血糖症の危険性)

「糖尿病」は現在国民病ともいる疾病で、予備群等とされる方々も含めれば、およそ全人口の20%に迫るとも言われています。
 『Hba1c』という指標のお陰で、「定期診断直前だけ指導を守る良い患者」という存在はなくなりましたが、それでも、『Hba1c』という指標はあくまで平均値である、ということを忘れると痛い目に合うことになります。
 Hba1cを下げ、糖尿病による合併症を回避するためにも「朝食廃止」を改めて提唱します。

タイトルとURLをコピーしました