「拡散希望!」台風16号のニュース!

「拡散希望!」台風16号のニュース!

大型で非常に強い台風第16号は、1日11時には八丈島の南東約140キロにあって、1時間におよそ35キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心の北西側310キロ以内と南東側280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。
 現在、台風は非常に強い勢力で伊豆諸島に最も接近しています。今後、加速しながら北東へ進み、2日夜には日本の東で温帯低気圧に変わるでしょう。

[防災事項]
<暴風・高波・高潮>
 伊豆諸島では暴風となっており、1日夕方にかけて、一部の電柱が倒壊したり、建物の一部が広範囲に飛散するおそれもある猛烈な風が吹く見込みです。不要不急の外出を控え、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。その後も1日夜のはじめ頃にかけて非常に強い風が吹くでしょう。
 伊豆諸島では、1日夕方にかけて猛烈にしける所があり、2日未明まで大しけの状態が続くでしょう。高波に厳重に警戒してください。小笠原諸島では、1日夜遅くにかけて高波に警戒してください。
 また、1日は高潮や塩害にも注意してください。
 台風の進路等によっては、1日は東京地方でも暴風や警報級の高波となる可能性があります。

<大雨・雷・突風>
 伊豆諸島では、これまでの大雨で土砂災害の危険度が高まっている所があります。30日朝の降り始めからの雨量は200ミリに達している所があります。1日昼過ぎにかけて非常に激しい雨が降り大雨となるでしょう。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。東京地方でも1日昼過ぎにかけて激しい雨が降り、大雨となる可能性があります。
 また、伊豆諸島では、1日夕方にかけて落雷、竜巻などの激しい突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

タイトルとURLをコピーしました