【9月28日(火)】台風16号近畿への影響は? 火曜日は通り雨の心配あり【近畿地方】

【9月28日(火)】台風16号近畿への影響は? 火曜日は通り雨の心配あり【近畿地方】

9月27日(月)午後6時現在、台風16号は大型で非常に強い勢力で、本州からはるか南に離れた沖ノ鳥島近海をゆっくりとしたスピードで北上しています。この後、再び猛烈な勢力へと発達し、しだいに進路を東寄りへと変える見込みです。
 10月1日(金)ごろに関東に接近し、東日本では大荒れとなるおそれがあります。近畿地方は“直撃コース”ではなく、影響は限定的となりそうです。ただし、南部ではうねりを伴った波が高く、木曜日から金曜日は大しけとなり、フェリーなど沿岸交通に影響が出る可能性があります。最新の台風情報に注意を続けてください。
 9月28日(火)の近畿地方は、湿った空気の影響で雲が広がりやすく、午前を中心にあちらこちらで通り雨の心配があります。降っても「パラパラ」程度の雨ですが、雨具があると安心です。一日の寒暖差はあまり大きくなく、朝の最低気温は20℃前後、日中の最高気温は26℃~27℃くらいの予想です。
 今週は台風周辺の湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなる見込みです。

▼天気予報を毎日更新!チャンネル登録はコチラ
https://www.youtube.com/c/MBSnewsCH?sub_confirmation=1

▼気象予報士がテレビより少~し長く解説『お天気通信』シリーズはコチラ

【9月28日(火)】台風16号近畿への影響は? 火曜日は通り雨の心配あり【近畿地方】

#MBSニュース #毎日放送 #天気予報 #台風16号

タイトルとURLをコピーしました