台風14号 17日午後 九州に上陸へ 3連休に列島横断

台風14号 17日午後 九州に上陸へ 3連休に列島横断

台風14号は、九州のほぼ全域を強風域に巻き込んでいて、17日午後にも、九州北部に上陸する見込み。

週末は、日本列島を横断する見込みだが、台風接近前から大雨になる特徴があり、早めの対策が必要。

強風域に入っている長崎・佐世保市から、テレビ長崎・後藤綾太アナウンサーが中継でお伝えする。

長崎・佐世保市、新みなとターミナル前。

17日午前11時30分現在、佐世保市内は、雨が強くなったり弱くなったりを繰り返している。

風は、少しずつ強くなってきた。
敷地内の木も大きく揺れている。

離島が多い長崎県、この場所からも離島と佐世保を結ぶ船が毎日出ているが、17日は全便欠航が決まっている。

長崎全域、風速15メートル以上の強風域に入っている。

台風14号が長崎県に最も接近するのが、昼すぎから夕方ごろと見られていて、すでに避難指示が出ている地域もある。

県内に大きな被害をもたらした記録的な大雨から1カ月。

引き続き、十分な警戒が必要。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

タイトルとURLをコピーしました