〈台風14号〉18日 新潟県に最接近 “警報級の大雨”のおそれも… 土砂災害などに注意・警戒 (21/09/16 19:26)

〈台風14号〉18日 新潟県に最接近 “警報級の大雨”のおそれも… 土砂災害などに注意・警戒 (21/09/16 19:26)

新潟県内では18日、台風14号の影響で警報級の大雨となるおそれがあり、気象台は事前の農作物の管理などに注意を呼びかけています。

【記者リポート】
「午前11時の新潟市中央区です。太陽が暑いほどに照りつけていますが、週末はこうした木々がしなるほど、天気が荒れるかもしれません」

16日、新潟地方気象台が開いたのは、台風14号に関する説明会です。

台風14号は北北東に向かって時速15キロの速さで進んでいて、県内には18日午後に最も近づく見込みです。

そのため、18日は警報級の大雨となる可能性があり、18日午後6時までの24時間に降る雨の量は50ミリ~100ミリと予想されています。

台風は温帯低気圧に変わる見込みですが、温帯低気圧に変わっても油断は禁物です。

【新潟地方気象台 中村誠 統括予報官】
「低気圧になると、台風よりは比較的広い範囲で風の強まりなども見込まれるようになるので、風にまず注意をお願いしたい」

県は情報連絡室会議を開き、各部局の対応や連絡体制などを確認しました。

気象台は県内全域で土砂災害などに注意・警戒するほか、事前の農作物の管理などにも注意するよう呼びかけています。

タイトルとURLをコピーしました