「北海道胆振東部地震」から間もなく3年…犠牲者44人 記憶を伝える"慰霊碑"9月5日除幕・追悼式へ (21/09/03 11:45)

「北海道胆振東部地震」から間もなく3年…犠牲者44人 記憶を伝える"慰霊碑"9月5日除幕・追悼式へ (21/09/03 11:45)

「北海道胆振東部地震」からまもなく3年です。 

 北海道胆振地方の厚真町では犠牲者をしのび、地震の記憶を将来に残す「慰霊碑」の建立が行われます。

 関連死もあわせ44人が犠牲となった「北海道胆振東部地震」から9月6日で3年です。 

 地震による土砂災害からの復興が進む厚真町では、犠牲者をしのび、追悼の思いと震災の記憶を将来に伝える「慰霊碑」を建立します。

 慰霊碑の外側にある大きな輪には、地震発生時刻である”午前3時7分”が刻まれています。 

 輪の内側にある円盤は”太陽と過去”をイメージし、鏡面加工が施され、前に立つ人の姿を写すことでその「想い」を投影します。 

 厚真町では5日に慰霊碑の除幕式と追悼式を行い、6日正午には犠牲者に黙とうを捧げます。

タイトルとURLをコピーしました