2010.1.13⭕腎臓の未病を治す道筋を解説。血液サラサラと末梢神経のケア、動脈硬化、血栓予防、和ハーブのケラセチン配糖体、お茶、水の摂取と水毒の排出❗チャコール療法!メガビタミンC療法で酸化防止!

2010.1.13⭕腎臓の未病を治す道筋を解説。血液サラサラと末梢神経のケア、動脈硬化、血栓予防、和ハーブのケラセチン配糖体、お茶、水の摂取と水毒の排出❗チャコール療法!メガビタミンC療法で酸化防止!

⭕チャコール療法
https://kenkou-8.org/homeremedy/charcoal.html
ーーーーー

「徳島大学病院」TVいきいきらいふ第1回糖尿病の現状と仕組み.wmv

糖尿病の人は、脂肪細胞から分泌する長寿ホルモン、アディポネクチンが少なく、悪玉アディポカインが、多く分泌する体質を持っている。

ゆこう、すだち、ゆずによる改善は可能か?
ーーーーーーー

「全く新たな、慢性腎臓病・急性腎障害の創薬・診断法樹立のためのミニ腎臓プラットフォーム」 徳島大学 大学院医歯薬学研究部 医学域 腎臓内科学 准教授 安部 秀斉

化合物を見つけるより生薬を見つける方が有効❗

#修復的医学 #天然循環療法 では、和ハーブ🌿のケラセチン配糖体の多様なお茶の習慣と、ベットの下に炭を仕込んで、水毒を、排出する波動療法をお勧めします。 どじゅだみ、スギナ、カキドウシ、玉ねぎの皮、ゴボウ、生姜茶、野草、紅茶、烏龍茶、なんでも多様にお茶でいただいてください。

この多糖が、細胞の反応を促進して、水毒を排泄してくれ、血液を綺麗にさらさらに保ってくれます。

だから、お茶の習慣のある村は、長寿の村なのです。
ーーーー

良質な睡眠のために、グリシンと覚えておこう❗

海老やウニなどの旨味のある甘味はグリシンによるものです。ゼラチンにも。
https://www.yuki-gosei.co.jp/glycine/page_4.html

タコ、鶏肉、干しエビを愛用しよう❗
ーーーーー

「自己骨髄間葉系幹細胞の腎局所投与による糖尿病性腎症の治療」 札幌医科大学 医学部 解剖学第二講座 教授 藤宮 峯子

やはり、札幌医科大学の自己由来の骨髄間葉系幹細胞の培養技術が優れている。
患部に直接移植で結果を出しており、今までの静脈注射は、効果なしだったと述懐。

バイオベンチャーの儲け主義の他人の幹細胞培養に騙されるな❗
ーーーーー

具体的に、マイクロバイオータの改善の食材が見つかっています。

便移植には、敗血症という副作用が記録されており、危険です。
新たなマイクロバイオータの多様性を獲得する食材を、あなたはどれだけあげられますか?
マイクロバイオータ食品ピラミッドを、食の安全の議員サンたちと共に普及しましょう❗

ーーーーーーー
両群とも一方のグループにはユコウの果汁、もう一方には生理食塩水を1日0・2ミリリットルずつ4週間にわたって飲ませた。この間、ふん便を解析し、腸内細菌の変化を調べた。
https://www.topics.or.jp/articles/-/217195

 その結果、普通食、高脂肪食の両群とも、ユコウの果汁を飲ませたグループのマウスには、肥満や糖尿病の予防に効果がある善玉菌「アッカーマンシア属菌」の増加が腸内に見られた。特に高脂肪食群のマウスでは、糖を摂取した際に血糖値が過剰に上昇する「耐糖能異常」が改善した。

果汁中の有効成分として、ノビレチンやヘスペリジンなどを検出しているものの、他にも特定されていない未知の有効成分があるとみて、解明を急ぐ。

 この研究は、県や徳島大、県内企業でつくるグループ「徳島クワトロシトラス」が、とくしま産業振興機構と県の助成を受けて取り組んだ。研究成果は、3月に都内で開かれた日本農芸化学会大会で発表した。

タイトルとURLをコピーしました