宮城県内 3日連続で熱中症警戒アラート 県内3地点で猛暑日 (21/07/19 19:16)

宮城県内 3日連続で熱中症警戒アラート 県内3地点で猛暑日 (21/07/19 19:16)

7月19日も暑かった。梅雨明け発表後、宮城県内は連日、厳しい暑さに見舞われています。19日は県内3つの地点で猛暑日となるなど、暑さはさらに厳しくなりました。

高気圧に覆われ、19日も県内は晴れて気温が上がりました。最高気温は築館と米山で35.4度、大衡で35.3度と、県内3つの地点で猛暑日となり、築館は2日連続で猛暑日となりました。
仙台でも33.2度まで上がるなど、県内多くの地点で今年一番の暑さとなりました。
環境省と気象庁は、今年から熱中症の危険性が極めて高くなると予想される場合に、「熱中症警戒アラート」を発表して警戒を呼びかけていますが、県内は3日連続でアラートが発表される厳しい暑さとなっています。
消防によりますと、19日は午後5時の時点で27人が熱中症とみられる症状で病院に搬送されたということです。

タイトルとURLをコピーしました