【脳梗塞リハビリ】立った時に肘が曲がるのは立ち上がり方が原因

【脳梗塞リハビリ】立った時に肘が曲がるのは立ち上がり方が原因

立ち上がった際に肘が曲がってくる原因は、伸長反射というバランスを保つために必要な反射が亢進していることが挙げられます。今回の動画ではこの伸長反射を起こしてしまう立ち上がり方について解説しています。

<こんな人におすすめ>
・脳梗塞リハビリの後遺症にお悩みの方
・リハビリ方法にお悩みの方
・立ち上がり時に肘が曲がってしまう方
・非麻痺側で立ち上がっている方

【脳梗塞リハビリ院 代表の山本より】
脳梗塞リハビリ院では「後遺症で悩まれる方をゼロ」にすることを目的にリハビリ方法や後遺症が起こる原因、自主トレ方法をお伝えしております。
悩まれている後遺症を変えていくためにを最も大切なことは、ご自身の後遺症のタイプを知り、理解をしていくことです。

タイプ別診断がまだの方はLINEで簡単にタイプ別診断を受診することができます。
是非お気軽に受診してみてください!
—–
▼【3分で終わるLINEで簡単タイプ別診断】はこちらから
https://lin.ee/3ZBqrNR

また、より詳細のタイプ別診断やリハビリ体験を受診したい方はこちらより受診できますのでお気軽にご連絡ください。
▼【無料リハビリ体験】はこちらから
https://nou-kaizen.com/contact/
—–

▼関西で体験をご検討の方

脳梗塞リハビリ院-大阪/

▼九州体験をご検討の方

脳梗塞リハビリセンター-福岡店/

▼当社HP
https://nou-kaizen.com

タイトルとURLをコピーしました