【2021年台風情報】6号・7号が接近か!? 7/23(金)関東に接近する予想も 7/15(木)時点の海外予報モデルを解説

【2021年台風情報】6号・7号が接近か!? 7/23(金)関東に接近する予想も 7/15(木)時点の海外予報モデルを解説

2021年( 令和3年)台風6号と7号の接近が海外の予報モデルECMWF、GFSで表現されています。それぞれの予報で傾向が異なるため、予報のブレは大きいと考えられますが、台風の発生の可能性は想定しておいた方がいいでしょう。©ondoku3.com

来週は台風が日本に接近か!?
台風が2つ発生する可能性も

このチャンネルでは
気象庁の台風予想よりも早く
海外の予報モデルで示唆されている
台風予想をご紹介しています。

より早く、台風の情報が知りたい方は
是非チャンネル登録をお願いいたします。

まず、ECMWF、ヨーロッパモデルの予想をご紹介します。
20日、火曜日から南の海上に渦を巻いた
台風と思われる塊が発生します。

その後、24日土曜日に向けて、近畿から東海、関東付近へと
北上する予想となっています。

日本の南海上を拡大したものがこちらです。
色の赤いところが風の強い予想のところです。

続いて、GFS、アメリカ海洋大気庁の予想をご紹介します。
18日、日曜日から沖縄の東を北上し、
20日、火曜日に奄美付近を通過したのち、
22日、水曜日にかけて朝鮮半島方面へ進む予想となっています。

更に別の台風のような渦を巻いた塊が、
23日、金曜日に日本の南にも進んでくることが示唆されています。

各国の予想で誤差が大きいため、予想通りにいくとは
考えにくい段階ですが、両モデルともに台風のような渦が
予想されていることから、どこかのタイミングで発生する
ということは想定しておいたほうがよさそうです。

今後の情報にも十分に注意してください。

#台風 #2021年 #最新

#台風6号
#台風7号
#台風情報
#予想
#予報
#進路予想
#発生
#気象予報士
#熱帯低気圧
#たまご

タイトルとURLをコピーしました