夏のレジャーや台風シーズンを前に第五管区海上保安本部が人命救助の訓練を神戸港で実施。

夏のレジャーや台風シーズンを前に第五管区海上保安本部は、人命救助の訓練を神戸港で行った。訓練に、神戸海上保安部の潜水士や関西空港海上保安航空基地の機動救難隊らが参加。事故が増える夏の時期は天候などに気を付けてほしいと呼びかけている。

タイトルとURLをコピーしました