大麦100%ご飯 糖尿病 副腎疲労

大麦100%ご飯 糖尿病 副腎疲労

大麦100%ご飯:100%大麦ご飯を食べることにより、糖尿病が改善される場合があります。大麦に含まれるβ―グルカンという水溶性食物繊維のおかげで、糖尿病が改善します。腸内細菌の主なエネルギー源は、私たちの細胞と同じでブドウ糖などの炭水化物です。しかしブドウ糖などの多くは小腸で吸収されてしまうため、腸内細菌がたくさん生息している大腸まではほとんど届きません。普段の食事から大腸まで届き、腸内細菌のエサになるものは、水溶性食物繊維です。甘い物を食べれば人間は満足しますが、善玉菌は食糧不足で増えません。アンパン・ケーキ・クッキーなどは、善玉菌のエサになりません。大麦を食べると、水溶性食物繊維が豊富で善玉菌がエサとして食べて、分解して酢酸や酪酸を大腸内で放出します。酢酸や酪酸は大腸自体のエネルギー源になり、良く動き便秘を解消し、酸性のためカビや悪玉菌の増殖を抑えます。酢酸や酪酸は腸管の壁細胞を刺激して、インスリンと同じ作用をするGLP-1というホルモンを分泌させます。GLP-1はインスリンを分泌させます。またGLP-1は血糖を上昇させる膵臓のグルカゴンの分泌を抑え、低くします。GLP-1はインスリン分泌を刺激する、血糖を上昇させるグルカゴンの分泌を、抑制する、低くするという二つの作用により、高血糖を改善します。水溶性食物繊維が糖尿病の治療の決め手なのです。その根拠を分かりやすい例でお話します。糖尿病のお薬の中でも、このGLP-1が主流になっています。水溶性食物繊維は天然の糖尿病の治療薬です。

タイトルとURLをコピーしました