新居への引っ越し進行中 閉館した志摩マリンランドのペンギン

新居への引っ越し進行中 閉館した志摩マリンランドのペンギン

 閉館から2か月半。生き物たちの引っ越しが進んでいます。

 3月に閉館した三重県志摩市の志摩マリンランド。

 約8000匹の生き物は、全国の新たな受け入れ施設へ移送され、残るは約3000匹です。

 15日は、22羽いるフンボルトペンギンのうち17歳のオスと1歳のメスが伊勢シーパラダイスへ。

 フンボルトペンギンは絶滅危惧種に指定され、受け入れ施設が繁殖計画を作る必要があるなど、受け入れには条件があります。

 到着した2羽は、最初はケージから出ず、緊張した様子でしたが、5分もすると探索を始め、スタッフを驚かせました。

 「新しい血縁を作りたいと、この話(ペンギンの受け入れ)があったときに、うちにも頂きたいという思いがあった」
 (伊勢シーパラダイス 永田牧子副館長)

 ほかのペンギンや生き物たちの移送も暑い夏を避けながら行い、年内にすべての引っ越しを終えたいとしています。(15日17:29)

——————
■そのほかの東海地方のニュースは「CBCニュース」にて配信中。
https://hicbc.com/news/?ref=yt

■LINE NEWSでもニュース配信中。友だち登録はこちらから。
https://line.me/R/ti/p/%40oa-cbctv

■東海地方のニュース・速報 配信中

タイトルとURLをコピーしました