南海トラフ巨大地震、そのとき京都はどうなる? 「最悪のケース」をシミュレーション!  国土強靭化 避難生活 衛生 永久循環トイレ EMBC複合発酵バイオ 高嶋康豪

南海トラフ巨大地震、そのとき京都はどうなる? 「最悪のケース」をシミュレーション!  国土強靭化 避難生活 衛生 永久循環トイレ EMBC複合発酵バイオ 高嶋康豪

今後30年内の発生確率が70~80%とされる「南海トラフ地震」。未曽有の巨大災害が起きた時、西日本の太平洋沿岸部は広範囲で最大震度7の揺れと大津波に襲われ、東日本大震災をはるかに上回る被害が想定される。「最悪のケース」の場合、京都府や滋賀県はどのような事態に見舞われるのか。専門家や行政への取材を基にシミュレーションした。
京都新聞記事より引用。
近年は大雨被害などの大災害も毎年のように発生しており避難所の使用も多くなりましたが、その避難所の問題はあまり手つかずの状況です。
永久循環トイレを微生物と酵素の力で作り出した高嶋康豪博士は、分解した排泄物をも、飲用できる水にできる画期的な発明を成し遂げました。
このシステムにより避難所の2つの問題を解決できます。
詳しくは動画でご覧ください。
ホームページ
https://www.ecology-service.co.jp/
にて公開中
全国発売開始キャンペーン中! 30%オフにてお届け中です。この機会にお試しください。

タイトルとURLをコピーしました