熱中症を予防する〔コロナの夏〕は特に【暑熱順化】がポイント 無理のない程度に汗をかく運動や入浴を (21/06/09 19:23)

熱中症を予防する〔コロナの夏〕は特に【暑熱順化】がポイント 無理のない程度に汗をかく運動や入浴を (21/06/09 19:23)

「暑熱順化」・・・文字通り、暑さに体が順応する、慣れることをいう。
ポイントは無理のない範囲での汗をかく運動。また、暑いからとシャワーで済ませるのではなく入浴をすることなどを心がけるようにする。
コロナ禍で家にいる時間が増えているからこそ特にこの暑熱順化が大切になる。
***
<熱中症の発生場所について国がまとめたデータ(2020年)>
『屋外』や『歩道などの道路』などを上回り約4割を占めた【自宅】
熱中症に詳しい済生会横浜市東部病院の谷口英喜先生は「特に高齢者は水分を蓄える筋肉量の減少に加え喉の渇きを感じにくいなど熱中症のリスクが高い世代。室温が28度を超えないようにしっかりとエアコンを使うことが大切」としている。

のどが渇いていなくても1時間ごとにコップ1杯の水分を意識してとるなどして、熱中症にご注意を。

タイトルとURLをコピーしました