牛糞を体に塗ってコロナ予防しようとするインドの人々 2021年5月11日

牛糞を体に塗ってコロナ予防しようとするインドの人々 2021年5月11日

以下は牛糞祭りの記事 

新型コロナウイルス感染拡大第2波の真っただ中のインド南部アンドラ・プラデシュ州クルヌールで4月14日、数百人の村人が互いにウシの糞を投げ合い、元旦の伝統行事を祝った。
 2人の神の結婚紛争を再現したこの奇祭では、カイルッパラ村の住民が狭い通りに2つのグループに分かれて、ひと月前から用意されていたウシの糞を投げあい、互いの健康を祈願する。
 元旦を祝う行事として古くから伝わるこの祭りでは、毎年100人以上のけが人がでるといわれているが、地元ではウシの糞に触れることで1年を通して健康でいられると信じられている。

タイトルとURLをコピーしました