(また中国)新型ウイルスが発生…ブニヤウイルスとは?(アニメでわかる)

(また中国)新型ウイルスが発生…ブニヤウイルスとは?(アニメでわかる)

コロナウイルスに続いて、またしても中国で新型ウイルス被害が発生しているのを知っているだろうか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
▼チャンネル登録ありがとうございます▼
http://bit.ly/2TRO99p
☆チャンネル登録いただけると新作動画の通知を受け取れます☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      動画概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国で発生した新たなウイルス騒動を紹介しよう。

中国というと、いま話題のコロナウイルスの発生源として問題視されている。
アメリカのトランプ大統領は、コロナウイルスのことを「チャイナウイルス」と呼んだほどである。

そのコロナウイルスは今や世界中に広まり、感染者・死亡者ともに大変な数に上っている。
現時点では終息の見通しは立っていない。

このコロナウイルスの被害だけでも世界を震撼させているのに、中国で新たなウイルス被害が出たとの報道があった。

私も中国人ジャーナリストとして、この報道が非常に気になり調べてみた。
現在、中国国内がどのような状態になっているのかなどを報告しようと思う。

その中国で新型ブニヤウイルスの感染者が見つかったのは、
中国の一部の地域だけだ。

これまでにこのウイルスが原因で7人が死亡している。致死率は11%。
感染者も徐々に増えているらしい。

中国のコロナウイルスの感染の恐怖を知っている人たちは、またしても恐ろしきウイルスが発生したのかと不安の中にいる。

ところが、この新型ウイルス、「新型」と名がついてはいるものの2013年にはすでに日本でも発生事例があり話題になったウィルスなんだ。
特に西日本を中心に発生している

日本における年間のブニヤウイルス感染者数は100人くらい。
そのうち27%もの人が死亡しているほどである。

単純比較はできないが、日本の場合、この死亡率はとても大きい。
コロナウイルスの感染者の日本の死亡率はかなり抑えられている。

それに比べると、27%もの人が死亡したのは驚きの数字だ。
その怖いブニヤウイルスが中国で感染の兆しを見せているのは、他国にとっても脅威だろう。

ただ、ブニヤウイルスについては報道される機会がまだ少ない。
コロナウイルスについては、ニュースや報道番組で情報や知識を持っている人は多いが、ブニヤウイルスとは何ぞや? と思っている人もいるだろう。

そこで、その特徴を簡単に解説しよう。
ブニヤウイルスはSFTSウイルスというものによって起きる感染症と言われている。

では、SFTSウイルスとは何なのかというと、マダニに血を吸われることで感染するウイルスだ。
マダニは4~10月頃に活動を活発化させ、森林や草原、牧場などを生息地としている。

つまり、比較的暖かい時期にマダニの被害を受けやすいということだ。
そのために、この時期にブニヤウイルス感染者数が増えている。

ただ、感染原因でいうと、マダニによる吸血のほかにもある。
ウイルス感染した犬や猫から人間への感染、患者の体液や血液への接触などだ。

いずれにしろ、厄介なウイルス感染症であることには変わりない。

もうウイルス騒動はいい加減にしてほしい。
そう思っているのは私だけではないだろう。

冒頭でも少し触れたがSFTSウイルスによるブニヤウイルス感染症は最近発見されたものではない。
中国ではすでに2011年に感染者の報告事例がある。
つまり、新型ブニヤウイルスと呼ばれているが、実際には既存のウイルスだ。

それがまた、中国で広まっているとしたら、とても不安になる。
もうウイルスはいらない、そう叫びたくもなる。

というと、中国だけにブニヤウイルスがとどまる可能性もあるだろうと思う人もいるだろう。
そうなれば、ほかの国はそれほど危惧する必要はなくなる。

気に病むのは中国人と中国政府だけで終わり、そんなことを考えている人がいるかもしれない。

ところが、すでに指摘した通り、西日本を中心に日本にも感染事例はある。
最初の感染報告は2013年だが、その前の2005年には感染者がいたという。

日本にもSFTSウイルスを保持しているマダニがいることが分かっているのだ。
そのために、当然感染者が発生する。

日本の場合は、女性感染者がやや多い。
年齢別に見てみると、60歳以上の高齢者の感染が大きな割合を占めている。

なぜ高齢者の感染が多いのかは不明だ。
ただ、ブニヤウイルス感染を対岸の火事として見ることはできないだろう。

したがって、中国でのブニヤウイルス感染者増加のニュースも決して無視はできないはずだ。
 
心配なブニヤウイルス感染状況であるが、どのような症状が出るか知っているだろうか?
コロナウイルスについては多くの報道がある。
そのため、症状についても情報は得やすい。

ところが、ブニヤウイルスの症状についてはほとんどの人は知らない。
そこで、主な症状を取り上げてみよう。

ブニヤウイルスの原因となるSFTSウイルスの潜伏期間は6~14日間。
その後、1~7日間38度以上の発熱が続く。

そのほかの症状としては、嘔吐、下痢、腹痛、下血など消化器に異常が生じる。
また、発熱によるものを含めた頭痛、筋肉痛、出血、リンパ節の腫れなどが見られる。
出血については、血小板や白血球の減少によるものらしい。

ただ、ブニヤウイルスの症状は、他のウイルス感染症などとの判別が難しいことも事実。
以前は、HIV感染を疑われてしまった人もいた。

いずれにしろ恐ろしい症状を呈するものである。
ただ、その症状に適切な治療法があれば、まだ安心だ。

ところが、ブニヤウイルス感染症に対するこれといった治療法や特効薬は見つかっていない。
医療機関も対処療法で臨むしかない。
あとは患者本人の自然治癒力を期待するだけだ。

コロナウイルスにも似ている状況ではある。
ただ、コロナウイルスの場合は、各国がワクチンや治療薬の開発に全力で取り組んでいる。
多額の資金も投入されている。

ところが、ブニヤウイルスの治療については、まだそこまでのエネルギーが投じられていない。
それだけに、治療が大変だ。
そういう意味でも、いかにブニヤウイルスを防ぐかが大切なポイントになってくる。

その予防法は、マダニにかまれないようにすることだ。
森林や草地に用がある人は虫よけを使い、肌も露出させないなどの工夫が必要。
また、もしマダニにかまれたら、医療機関に速やかに受診し、正しい対処をしてもらう必要がある。

以上、ブニヤウイルスについてあれこれ述べてみた。
それにしても、コロナウイルスも中国が感染源。
ブニヤウイルスも中国となれば、世界は中国をどう見るだろうか。

中国人ジャーナリストである私も心配になる。
ただでさえ最近の中国は厳しい状況にあるのに、ウイルス騒動も加わればどうなるか?

こんな中国の新型ブニヤウイルスのニュースを知ってあなたはどう思う?
コメント欄で教えてくれ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ワンダーストーリーとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
驚きと学びを提供する短編漫画動画チャンネルです。
わざわざ調べるほどではないけど、言われてみれば知りたいこと。気になることをどんどん提供していきます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼チャンネル登録ありがとうございます▼
http://bit.ly/2TRO99p
☆チャンネル登録いただけると新作動画の通知を受け取れます☆
—-
#中国 #ウイルス #ワンダーストーリー #アニメ
こんなものが見たい・知りたいといったご意見やご要望等ありましたら、ツイッターかメールでお気軽にご連絡くださいね!

タイトルとURLをコピーしました