痩せた若い女性でも糖尿病リスクが高い! 痩せ型の女性では耐糖能異常の割合が7倍高い

痩せた若い女性でも糖尿病リスクが高い! 痩せ型の女性では耐糖能異常の割合が7倍高い

日本は、痩せた若年女性の比率が約20%と、先進国の中でももっとも高いです。

順天堂大学の研究によると、体格指数(BMI)が18.5未満の、日本人の痩せた若年女性で、食後に高血糖となる「耐糖能異常」が多く、その原因として、「インスリン抵抗性」や「脂肪組織の異常」が関連することを、世界ではじめて明らかにしました。

75g経口糖負荷試験を行い、耐糖能異常の割合を調査したところ、標準体重に比べて痩せ型の女性では耐糖能異常の割合が約7倍高いことが明らかになり(13.3% 対 1.8%)、その割合は米国の肥満者の率(10.6%)よりも高かったことがわかりました。

どういった生活をすれば、痩せた若年女性の耐糖能異常が改善するかについても解説しました。

用語解説
・耐糖能異常:75g経口ブドウ糖負荷試験で2時間後の血糖値が140md/dL以上、200mg/dL未満となり、食後に高血糖になっている状態。

・インスリン抵抗性:膵臓から分泌され、肝臓や骨格筋に作用して血糖を下げるホルモンであるインスリンの感受性が低下して、効きにくい状態になっていること。主に肥満にともない肝臓・骨格筋でインスリン抵抗性があらわれ、2型糖尿病やメタボリックシンドロームの重要な原因となる。

・体格指数(BMI):BMI(Body Mass Index)はボディマス指数と呼ばれ、体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数です。18.5未満を低体重(瘦せ型)とします。

◆チャンネル登録はこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UCArInlsj08hhIZ2GZaSVHGA?sub_confirmation=1

Instagramはいずれも1万人以上にフォローしてもらっています。
◆インスタ(主に糖尿病)フォローしてもらえると嬉しいです!
https://www.instagram.com/nishii.hospital/

◆インスタ(漢方薬とサプリメント)フォローしてもらえると更に嬉しいです!!
https://www.instagram.com/kampo_supplement_doctor/

◆サプリメント外来の案内はこちらです。
https://e-doctor.mie.jp/category/supplement/

◆LINE登録で西井医院とお友達になる
https://e-doctor.mie.jp/link-tree/

タイトルとURLをコピーしました