コロナ後遺症 l 嗅覚を失う パート1

コロナ後遺症 l 嗅覚を失う パート1

コロナ後遺症 治療 l 脳・神経系障害

コロナになった人たちが持つ後遺症

コロナブレインと言われる噂は、噂ではなくなり

非常に多くの研究書も上がりつつあります。

コロナの後遺症、なぜ怖いのか?そして、怖いだけではなく早くに手を打ち、管理を行っていくことこそが元気を取り戻すカギです。

ここでは、日本では聞かない、見ない、知らない、認知されていないコロナの後遺症について皆さんに知って頂き、治療法を出来るだけ早く、より詳しく、何が出来るのか?という事をいくつかに分けてシェアしたいと思います。

コロナ後遺症①は

「味覚や嗅覚がなくなった」

どうすれば良いのか?怖い、嫌だだけでは待たないで、放置をしないで、最大なチャンスがある今を生かせて頂きたいです。

放置すればするほど、リカバリーに時間が掛かります。

この嗅覚、味覚は、脳からの影響と、コロナ遺伝子が持つ、唯一、臓器アタッカーと言われる意味がこのビデオを観れば、理解が出来る事と信じます。

ACE2遺伝子が大事ではなく、管理をする方法です

肺炎
心不全
心筋梗塞
認知症
酷い倦怠感
神経病

などにさせない

多くは、胃腸にアタック、コロナは攻撃してきます。

ファモチジン、H2ブロッカーで、コロナ治療やワクチンを打つ前に使用しているケースをたくさん見てきています。コロナワクチンに副作用があるのも、アレルギーショックや神経系疾患です。

コロナから元気になったかと思うと、味がない、匂い、香りがわかならい、失った?

耳鳴りが続く、頭痛は酷い、立つとフラフラする 

コロナの後遺症について、幾つかに分けてビデオを公開させて頂きます。

コロナになって、治りかけたと思えば、1週間以内でパーキンソン病やMS 多発症候群 神経疾患ですが、こういった神経麻痺、痺れなどがおこっているのは現状です

日本では稀な「コロナの後遺症」かもしれませんが、集団免疫が当初70%で良いだろうと予測された統計が、現在、70-85%ーおそらく90%まで上がるだろうと予測しております。

今回のビデオは コロナの後遺症でも センサー系の障害

まずは、味覚を失った人、嗅覚を失った人、そして、割合としては80%以上の方が持つと言われる軽症と言われますが、それは間違いな判断であると信じます。

中症、重症にも十分に起きている症状が、このセンソリー管理の神経がウイルスにより細胞を攻撃されて起きる現実な後遺症です。

そして、この嗅覚、味覚を失う人の多くが女性に起きる事。

勿論、男性の中にもみられますが、大半は女性に多いとされている副作用と後遺症です。

嗅覚、味覚がなくなれば、待たない

待って、治るのを待たないという事。何が出来るのか?

コロナは炎症を体内で増やします。

この炎症、今回は 鼻、喉、味覚、嗅覚を失った人が改善に役立てる情報をここで研究、臨床を元に公開しております。

このビデオは教育、エンターテイメントのみ公開しております

ご観覧、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました