台風に強い屋根って? 岸和田市の施工現場からご案内

台風に強い屋根って? 岸和田市の施工現場からご案内

こんにちは、テイガクの前川です。
今回のテーマは、台風に強い屋根の話です。
大きな台風が発生し、耐風性能に優れた屋根を検討されている人が増えています。

沿岸沿いにお住まいの方や台風対策を徹底したいとお考えの方は、
こちらのような、かん合式タイプの横葺き金属屋根をこのような釘ではなく、実際はもっと長いですがこのようなビスで張り付けることをテイガクではおすすめしています。

かん合式タイプとは屋根の上下をお互い引っ掛け合わせて張るタイプの屋根のことです。

今回動画でご紹介する屋根の張り方は、台風対策として1番おすすめの施工方法です。
基本的には釘で屋根を固定することが標準的な方法ではありますので、釘で張りつける方法を否定する内容ではありません。
実際弊社でも多くの屋根は釘で張り付けています。
より品質の高い施工方法として、このビスによる張り付け方をご紹介いたします。

こんにちは、テイガクの前川です。
本日は大阪府岸和田市の屋根の施工現場に来ております。
ご覧いただいているのは、アイジー工業のスーパーガルテクトです。
その下にはルーフィング、田島ルーフィングのニューライナールーフィングが張られています。
カバー工法なので、あ、ちょうど屋根を職人さんが加工しています。
はい、このように屋根を切断して、この部分に取り付ける予定です。
横同士の繋がりのところも、このようなかみ合わせて屋根を張るような構造になっています。
屋根の上下もこのように、オス、メスの構造になっていて、かみ合わせ張る形になります。
今回、屋根はこのような、ビスですね、ネジで屋根を張っています。
ルーフィングに関しては、カバー工法なのでタッカーではなくて、釘で打ちつけますが、
しっかりと釘が打ち付けられるよう、金属の切れ端を釘とルーフィングの下に噛ませて取り付ける構造になってます。
それでは、実際に職人さんにスーパーガルテクトを1枚、張り付けていただきたいと思います。
このようにかみ合わせて、張ります。

屋根の張り方ですが、このようにビスを使って張る張り方と、釘を使って張る張り方の2種類があります
屋根を固定する力という点では、当然いま打っていただいているビスで取り付けるほうがしっかりと取りつけられます。

したがいまして、台風や強風で屋根の剥がれについて、心配をされているかたは、
屋根を張るときにビスを選択するようにしてください。
見積書の段階で、屋根を固定する留め具がビスなのか、あるいは釘なのかで金額も変わってきます。

ご覧のとおりです。
以上、テイガクの前川が金属屋根の留め具について、解説いたしました。
1番のオススメはこちらのビスです。
ご視聴ありがとうございます。

★チャンネル登録はこちらから!
https://www.youtube.com/channel/UCLuh…

私たちテイガク屋根修理は屋根・外壁リフォームを専門とする板金工事会社です。
屋根・外壁のリフォームをご検討されている方は、お気軽にテイガク屋根修理へお問い合わせください。
現場調査からお見積もりまでは無料で承っております。

■テイガク屋根修理ホームページ
https://yanekabeya.com/

■昭和ルーフリモ株式会社
https://www.roofremo.com/

■ご意見/お問合せは以下のフォームからご連絡ください
https://yanekabeya.com/contact_for_media/

#屋根リフォーム #台風対策 #金属屋根

タイトルとURLをコピーしました