エビやカニがクリスマスを演出 伊豆・三津シーパラダイス(静岡県)

エビやカニがクリスマスを演出 伊豆・三津シーパラダイス(静岡県)

沼津市の水族館では、クリスマスカラーにちなんだ海の生き物たちが展示され、クリスマスムードを盛り上げています。
 
 真っ白なヒゲと赤と白の縞模様がサンタクロースのように見えるのは「オトヒメエビ」です。沼津市の伊豆・三津シーパラダイスでは、クリスマスの雰囲気を楽しんでもらおうと、クリスマスを連想させる体の色をしたエビやカニなどを集めました。こちらは緑色の綿毛をつけた「モクズショイ」というカニです。体に海藻などを付けて敵から身を守る習性を利用して、クリスマスツリーのように変身してもらいました。またこちらは「オオアカヒトデ」という日本最大級のヒトデで、流れ星をイメージしています。
<来園者>「カラフルですね。クリスマスでいい感じですね」
<伊豆・三津シーパラダイス 春日保さん>「見た目が華やかで、すごくきれいで、動きも面白い生き物たちです。明るい気持ちでクリスマスを過ごしていただければ」
 このクリスマス水槽は、12月25日まで展示されています。

タイトルとURLをコピーしました