気象モデルMM5による2011年台風15号と16号のシミュレーション

気象モデルMM5による2011年台風15号と16号のシミュレーション

気象モデルMM5による2011年の台風15号と16号のシミュレーション結果。
雲の領域や下層風の様子を示す。台風16号(東側で発生した台風)の方が、15号(西側で発生した台風)よりも先に本州に接近する様子が分かる。

分野別の可視化事例 | 大気、気象分野の可視化ならサイバネットシステムへ
大気、環境分野のAVS/Express及びMicroAVSの可視化事例をご紹介いたします。MM5、WRF、CMAQなどの気象モデルや、GrADS、netCDF、フェーズドアレイ気象レーダのデータに地図情報を重ね合わせた可視化もできます。
タイトルとURLをコピーしました