「新型コロナ太陽光に弱い」 トランプ大統領 珍治療法に言及

「新型コロナ太陽光に弱い」 トランプ大統領 珍治療法に言及

外出の自粛を強く求めるステイホーム週間2日目の26日、取材班は、都内の公園へ。

26日は天気がいいからか、ベンチで日光浴している人が多く見られた。

昼時の公園では、まぶしい日差しのもと、日光浴をする多くの人の姿があった。

実は、この日光浴にも関わる大変気になる発表があった。

アメリカ国士安全保障省のウィリアム・ブライアン氏は、「熱と湿気が新型コロナウイルスの弱点で、太陽光に弱いと特定した」と述べた。

トランプ大統領も同席した会見で、アメリカ政府の高官が、新型コロナウイルスは、太陽光や高温多湿に弱いとする研究結果を明らかにした。

気温21度から24度、湿度80%という条件で、物の表面に付着した新型コロナウイルスを調査。

その結果、暗がりでは、ウイルスが半減するまで6時間かかった一方で、紫外線の強い太陽光のもとでは、わずか2分で半減したという。

この発表に、トランプ大統領は「患者の体内に日光を照射したり、消毒液を注射したりするのはどうだ」と、科学的根拠のない、まさにフェイクな治療法に言及。

一方、日本では、新型コロナが太陽光に弱いという報道を受け、ネット上で「太陽光」が急上昇ワードとしてトレンド入りする事態に。

そして「これはうれしいニュース! 外出した方がいいな」、「みんな! 外出するぞ! 最高のGWにしよう」といった投稿が躍った。

太陽光を浴びるため外出するとの声が相次いだ。

公園を訪れた人は、「すごく良い天気で、ちょっと日に当たる日光浴が一番いい。聞いた話では、温度が上がれば、新型コロナも少し弱まる」と話した。

では本当に、新型コロナウイルスは太陽光に弱いのか。

大阪府立大学放射線研究センター・秋吉優史准教授は、紫外線で撃退することは可能としたうえで、ウイルスが半減した2分という時間について、「わたしが計算した結果では、14分という値が出ている。わたしが使ったデータは、液体の中でウイルスを入れて、そこに紫外線を当てた」と、夏場の40度以上の強い太陽光であれば、2分もあり得るという見方。

ただし、実験結果は、細かい条件によって変わるため、アメリカ政府は、くわしい研究データを公開するべきだとしている。

一方、街で聞かれたのは、紫外線の強くなる夏には、感染の拡大が収束するかもしれないという期待。

公園を訪れる人は「夏が待ち遠しいですね。(収束)してほしい、夏には…」、「夏、少しは(新型コロナは)下火になると思う」などと話した。

しかし専門家は、高温多湿のシンガポールなどの国でも感染が確認されていることから、夏だからといって決して楽観はできないとしている。

そして、新型コロナ対策として日光浴をしようとする人に対して、秋吉准教授は「体の表面についたウイルスをなくしてしまうという効果はあるが、それでしたら、手を洗った方が早いかな」と話した。

(2020/04/27)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

タイトルとURLをコピーしました