密回避で「安全な恐怖」・・・お化け屋敷が棺おけ型!?(20/08/05)

密回避で「安全な恐怖」・・・お化け屋敷が棺おけ型!?(20/08/05)

新型コロナウイルス対策でお化け屋敷が進化しています。非接触で怖がらせる、この夏登場する棺桶(かんおけ)型のお化け屋敷を一足早く取材しました。

 「本物のお化けよりもお化け屋敷の方が怖い」という小林ディレクター。体験場所はなんと、棺桶の中です。仕掛けを実況するのが仕事ですが、早くもカメラマンの足音にビビッてしまうほど入り込んでしまいます。「顔を失った姉がお化けとなり、他人のきれいな顔を奪いに来る」という設定ですが、暗闇と身動きが取れない空間。そして、自力では出られない絶望感からか・・・。もはや、実況するどころではない模様。そして、チェーンソーを持ったお化けが登場。なんとか一命を取りとめますが・・・。お化けにディスられ、反撃だけはしっかりと・・・。どんな内容かは伝わらずとも怖さだけは十分伝わりました。
 こちらの「絶叫棺桶」というイベント、屋敷を探検するという従来のお化け屋敷とは全く逆の発想で、密室にいる客に対してお化けの方から恐怖を仕掛けてくるという新型コロナ対応の「非接触型のお化け屋敷」です。
 今回、特別に舞台裏を撮影させてもらいました。会場は新型コロナの影響で使用されていない高速バスなどの待合所。棺桶を運び、窓ガラスには暗幕を張ります。特別仕様の棺桶は密閉を回避する空気穴や密接を避けるためのプラスティック板で工夫。もちろん、お客さんが入れ替わるごとに除菌と消毒を行うなどの安全対策も行っているそうです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

タイトルとURLをコピーしました