EGFR遺伝子変異陽性肺がん【動画でわかる肺がん治療の最前線】

EGFR遺伝子変異陽性肺がん【動画でわかる肺がん治療の最前線】

日本肺がん学会の肺がん診療ガイドラインを参考にEGFR遺伝子変異陽性肺がんの治療内容を説明しています。
主な変異であるエクソン19欠失とL858R変異陽性について説明しています。

■動画でわかる肺がん治療の最前線とは
特集「動画でわかる肺がん治療の最前線」は、最新の肺がん治療、特に期待が集まるゲノム医療の現状を解説する動画コンテンツ。講師に九州がんセンター呼吸器腫瘍科の瀬戸 貴司先生を迎え、治療選択や臨床試験の結果を理解するために役立つ情報を動画で詳しく紹介いたします。

この動画は、これまでの臨床試験の結果に基づいて説明しています。現在行われている試験を紹介しているものではありません。
またこの動画は、2020年7月に撮影している動画ですのでご注意ください。今後、最新情報がわかった際には更新する予定です。この特集は複数の製薬企業の協賛で成り立っていますが、動画の内容はPREMIAとオンコロが製薬企業とは完全に独立して、作成しており、特定の薬剤を広告するものではありません。

【共催】
■オンコロ
https://oncolo.jp/
■Precision Medicine Asia Inc. (PREMIA)
https://www.premia-inc.com/

【特集】動画でわかる肺がん治療の最前線ー時代は今「ゲノム医療」
https://oncolo.jp/lung_cancer_video/

タイトルとURLをコピーしました