少なくとも10人死亡 台風19号(コーニー)通過後のフィリピンの洪水の状況 2020年11月2日(現地)

少なくとも10人死亡 台風19号(コーニー)通過後のフィリピンの洪水の状況 2020年11月2日(現地)

強力な台風19号が1日、フィリピンに上陸し、当局によると、少なくとも10人が死亡した。

 各地で土砂崩れや停電が発生し、約40万人が避難したが、強風で避難所が破壊されている。

 ルソン島南部レガスピ在住の女性(21)は、自宅から電話取材に応じ「とにかく風が強い。木という木がうなる音が聞こえる」と状況を説明した。レガスピ近郊カマリグのバルド市長は「山から飛んできた枝や砂で道路がふさがれ、通れなくなっている」と訴えた。

タイトルとURLをコピーしました