がんの腹膜播種に対する腹腔内温熱化学療法 (HIPEC):卵巣癌での研究結果

がんの腹膜播種に対する腹腔内温熱化学療法 (HIPEC):卵巣癌での研究結果

卵巣がん、胃がん、大腸がん等でみられる腹膜播種(ふくまくはしゅ)は治療がむずかしく、治りにくいのが問題です。海外を中心に、腹膜播種に対して腹腔内温熱化学療法 (HIPEC)が試みられています。今回は、卵巣がんに対するHIPECの臨床試験の結果を紹介します。
ブログ:「卵巣がん腹膜播種(転移)に対する腹腔内温熱化学療法の効果:腫瘍減量手術後の生存期間を延長」https://satonorihiro.xyz/post-5066/

#腹膜転移 #最新治療 #ハイペック #温熱化学療法

この「がん情報チャンネル」では、
がんについてのあらゆる情報や、最新の話題について、
わかりやすくお伝えしていきます。

みなさんの知りたいこと、
取り上げてほしい話題などありましたら、
ぜひ、コメント欄のほうで教えてください。

がんの情報はブログやツイッターでも発信中
【ブログ】 https://satonorihiro.xyz/
【ツイッター】 https://twitter.com/norip1sato

タイトルとURLをコピーしました