新型コロナで新検査体制 県指定の「かかりつけ医」は検査も可能 愛知県

新型コロナで新検査体制 県指定の「かかりつけ医」は検査も可能 愛知県

インフルエンザとの同時流行に備え、愛知県は、まず「かかりつけ医」で相談や検査を受け付ける、新型コロナの新しい検査体制をスタートさせました。

 愛知県はこれまで、発熱など新型コロナを疑う症状がある人は、原則、保健所に相談し、検査を受ける体制になっていました。

 しかし、インフルエンザが流行すると、相談が急増し、保健所が対応しきれなくなる可能性があり、26日から体制を大きく変更しました。

 新しい体制では、まず、地域の診療所など「かかりつけ医」で電話相談を受け付け、そこが県の指定を受けている場合、そのまま検査を受けることができます。

 「かかりつけ医」がない人も、県のホームページで公表されている指定医療機関を確認することができます。

 「いま発熱以外に症状はありますか?」(宇野内科)

 名古屋市昭和区の宇野内科では、26日、午前の診療からさっそく電話相談と検査を実施。

 午後には、民間の検査会社に検体を引き渡し、27日には結果が分かるということです。

 検査件数を大幅に増やすことができる新体制ですが、現場の医師は、課題も指摘します。

 「昭和区では2か所の病院しか公表していない。そこに患者が集中する可能性がある。(Q:なぜ公表しない医療機関が?)風評被害もまだ根強くある」(宇野内科 宇野岳人院長)(26日17:12)

——————
■そのほかの東海地方のニュースは「CBCニュース」にて配信中。
https://hicbc.com/news/?ref=yt

■LINE NEWSでもニュース配信中。友だち登録はこちらから。
https://line.me/R/ti/p/%40oa-cbctv

タイトルとURLをコピーしました