脳梗塞の血栓回収術

脳梗塞の血栓回収術

脳神経外科 波多野部長が脳梗塞の血栓回収術を解説
脳梗塞の血管内治療は、カテーテルという細い管を足の血管から挿入して、頭の中の脳血管へ進め、血管を塞いでいる血栓を回収し、閉塞した脳血管を再開通させます。 脳梗塞超急性期の脳血管内治療は、手技的複雑さや脳の脆弱さのために、冠動脈疾患における血管内治療と比べて開発が遅れていましたが、近年になり専門の脳動脈血栓回収機器が開発され、治療効果を高めています。

◆ホームページ
http://www.kokurakinen.or.jp/

◆Facebook
https://www.facebook.com/kokurakinen/…

◆インスタグラム
https://www.instagram.com/kokura_memo…

◆LINE
https://page.line.me/kokurakinen

タイトルとURLをコピーしました