台風14号 東海地方は10日に最接近 三重県南部など大雨の恐れ (20/10/09 23:26)

台風14号 東海地方は10日に最接近 三重県南部など大雨の恐れ (20/10/09 23:26)

台風14号は、10日、東海地方に最も近づく見込みで、暴風や高波、大雨に注意、警戒が必要です。

 台風14号は、四国の南の海上にあって、三重県南部が、風速15メートル以上の強風域に入っています。

 10日、明け方から昼過ぎにかけて、東海地方に最も近づき、三重県の一部の地域が、暴風域に入る恐れがあります。

 尾鷲市や熊野市など三重県南部では、降り始めからの雨の量が、200ミリを超えています。

 この後も雨が続き、10日、午後6時までの24時間に、いずれも多い所で、三重県で300ミリ、愛知県で120ミリ岐阜県で80ミリの雨が予想されます。

 三重県南部を中心に大雨の恐れがあり、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に警戒が必要です。

 また、愛知県や三重県の陸上で、風速15メートル以上の強風、海上では、暴風と大しけが予想され、10日いっぱい警戒が必要です。

タイトルとURLをコピーしました