「引き続き6弱程度の地震に注意」気象庁が緊急会見(2022年6月20日)

「引き続き6弱程度の地震に注意」気象庁が緊急会見(2022年6月20日)

 石川県能登地方での連日の大きな地震について、気象庁が20日午前11時半から緊急会見をしています。

 気象庁・鎌谷紀子地震津波監視課長:「引き続き揺れの強かった地域では1週間程度、最大震度6弱程度の地震に注意して下さい」

 気象庁によりますと、午前に起きた地震は地震の規模を示すマグニチュードが5.0、震源の深さは14キロです。

 これは19日午後3時すぎに最大震度6弱を観測した地震の場所と比べて非常に近い場所と深さです。

 この地域では1年以上地震活動が続いていて、今後も当面継続すると考えられるため引き続き十分な警戒を呼び掛けています。

 気象庁は19日、石川県珠洲市に対して大雨警報などに関して通常より7割に引き下げた基準での運用を発表しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

タイトルとURLをコピーしました