実在する外国人パスポート悪用“架空の売り上げ計上”か…消費税の不正還付容疑で逮捕(2022年6月2日)

実在する外国人パスポート悪用“架空の売り上げ計上”か…消費税の不正還付容疑で逮捕(2022年6月2日)

外国人観光客向けの免税制度を使って不正に消費税の還付を受けたとして逮捕された免税店の社長らは、実在する外国人のパスポート情報を悪用して売り上げがあるように見せかけていたことがわかりました。

 大阪市内の免税店経営会社「福和楽」の社長・陳鋒容疑者(34)と、別の会社「櫻花商事」の社長・劉暁琳容疑者(40)ら5人は、外国人観光客に商品を販売した場合に仕入れにかかった消費税が還付される制度を悪用して、計9000万円あまりの不正な還付を受けた疑いで6月1日に逮捕されました。

 関係者によりますと、陳容疑者らは実在する外国人のパスポートを悪用して「外国人観光客らに化粧品などを販売した」という架空の売り上げを計上していたということです。

 特捜部はパスポート情報の入手経路などを調べています。

▼MBS NEWS HP
https://www.mbs.jp/news/

▼最新ニュースや特集を毎日配信 チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/c/MBSnewsCH?sub_confirmation=1

#MBSニュース #毎日放送 #不正還付 #消費税 #外国人パスポート #悪用 #架空 #売り上げ

タイトルとURLをコピーしました