広瀬アリス、宮野真守が語る映画『バブル』の魅力とは⁉ アニメーション映画『バブル』Making of バブル(5)キャスト編(2)【2022年5月13日公開、NETFLIX版は4月28日より世界配信】

広瀬アリス、宮野真守が語る映画『バブル』の魅力とは⁉ アニメーション映画『バブル』Making of バブル(5)キャスト編(2)【2022年5月13日公開、NETFLIX版は4月28日より世界配信】

アニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督と川村元気プロデューサーがタッグを組み、制作をWIT STUDIOが担った劇場オリジナルアニメ。本作の誕生秘話をスタッフ・キャストのインタビュー、メイキング映像を交えてひも解く、“Making of バブル”スペシャル映像【キャスト編(2)】が解禁となった。

 脚本・虚淵玄、キャラクターデザイン原案・小畑健、音楽・澤野弘之、と日本が世界に誇るクリエイターが集結。『進撃の巨人』を手がけたWITSTUDIOが“お家芸”であるアクション表現をとことん突き詰め、圧巻のパルクールアクションで観る者をスクリーンに没入させる。その中でも繊細に描かれるのは、主人公・ヒビキとヒロイン・ウタの美しくも儚いピュアなラブストーリーだ。

 ヒビキとウタの心が通じ合う〈恋愛感情が生まれるアクション〉はどう誕生したのか!? 日本が世界に誇るクリエイターが集結し、誰も感じたことがない“映像体験”をという想いで制作された本作は、縦横無尽なカメラワークで躍動感あふれるグラビティ・アクションが展開され、「にんぎょ姫」の物語をモチーフに作られたエモーショナルなドラマが描かれる。

 志尊淳演じる主人公ヒビキとりりあ。が演じるウタ。彼らを取り巻くパルクーチーム“ブルーブレイズ”のメンバーとそのライバルたちには豪華声優陣が命を吹き込んでいる。その中でブルーブレイズのお姉さん的立ち位置で、バブルを調査する科学者・マコトを演じる広瀬アリスは「作品の世界に気が付いたらどっぷりハマっていました」と本作についての感想を語っている。

 「パルクールのシーンも臨場感たっぷりでアトラクションに乗っているかのような高揚感があり、ヒビキとウタのシーンにはキュンと胸をつかまれました」とスクリーンで観るべき映画として熱く語っている。さらに、台本にのった声優陣を見た最初の印象を「こんな素晴らしい皆さんのところに、自分の名前があるなんて職権乱用していると思いました(笑)」とアニメ好きの広瀬が作品に参加した喜びを語った。

 さらに、個性豊かなキャラクターたちとして、ブルーブレイズのリーダー・カイを演じた梶裕貴(「ギルティクラウン」、「進撃の巨人」、「甲鉄城のカバネリ」)。ブルーブレイズのムードメイカー・ウサギを千本木彩花(「甲鉄城のカバネリ」)。秋葉原を拠点とするバトルクールチーム“電気ニンジャ”のリーダーを畠中祐(「甲鉄城のカバネリ」)。お台場を拠点とするバトルクールチーム“アンダーテイカー”のリーダーを井上麻里奈(「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」、「進撃の巨人」)。練馬を拠店とするバトルクールチーム“マッドロブスター”のリーダーを三木眞一郎(「黒塚 KUROZUKA」、「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」)といった、これまで荒木組作品に出演してきた声優陣が本作で再び集結した。

 そして、本作でパルクールのレースをジャッジし、ヒビキなどの少年少女たちの頼れる兄貴的存在・シンを演じた宮野真守は、本作で描かれる、これまでにない荒木監督作品の魅力を語っている。「荒木監督の初監督作品である『DEATH NOTE』でご一緒させていただき、監督は僕にとって“特別な人“です。その時から、作品にそそぐ愛情の大きさが非常に大きくて、誰よりも監督がキャラクターの一番の味方になってくれるんです。そんな監督だからこそ、今回チャレンジとなる『バブル』のアクションシーンは”傷つけあう“のではなく、”目標に向かう“アクションというのが、非常にポジティブで気持ちいいなと感じました。また、作品の色使いというのも、キャラクターの心情に寄り添っているのを感じました。ヒビキとウタのボーイミーツガールのトキメキを表現していて、”なんて爽やかなんだろう“と思いました。こんな世界観が監督の中にあったのかと…ピュアで美しい世界観を皆さんに味わってほしいです」と長年荒木監督の作品に携わってきた宮野自身も驚く監督の新たな一面が本作で描かれているようだ。

監督:荒木哲郎
脚本:虚淵玄[ニトロプラス] キャラクターデザイン原案:小畑健 音楽:澤野弘之
制作スタジオ:WIT STUDIO
声の出演:志尊淳 宮野真守 梶裕貴 畠中祐 
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開日:<劇場版>2022年5月13日(金)全国公開 <Netflix版>2022年4月28日(木)全世界配信
公式HPオフィシャルサイト:bubble-movie.jp
(C)2022「バブル」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました